主な流れ

書類の受け渡し

裁判所からの競売を回避するために、任意売却の専門サービスのパートナーを見つけることはとても重要なことです。
少しでも高く買ってくれる購入者をみつけることのできる業者を見つけることが、一番です。
すなわち、広い購買力や広告力を持ち、ニーズを持った顧客を知っている会社であれば、売り手と買い手の需要と供給がぴったりと手を結んだ売買契約をスピーディーに成功させることができるのです。
これには、任意売却ならではの、不動産担保権利者である金融機関との交渉術もネックとなってきます。
抵当権者は債権回収がよりできる方法を模索していますので、競売などで売るよりもずっとメリットがありますから、ローンの残額にもよりますが、抵当権抹消に応じてくれやすくはなっています。

任意売却に必要な書類は専門サービスの業者が取り揃えてくれますので、その点では安心です。
そして、法律に照らして問題のないように手続きを進めてくれます。
ただし、その業者選定には慎重さが必要です。
失敗しないようにするには、現在サイトで紹介されております任意売却業者・不動産買取の一括査定サービスを利用することをお勧めします。
こちらにて、まずは見積もりをしてもらい、適当と思われる複数の業者と個別に打ち合わせを重ねて、スケジュールを組んでいけばよいと思います。
不動産競売が以前のように数が少なくなったのも、このような任意売却の進め方がスムーズになったことによるものです。
競売による低価額での取引は、債権者も債務者も望むものではないからです。