かかる費用

お金を握る手

不動産を売却したいときには買い手が決まっているときは、あとは必要な書類を整えるだけで大丈夫です。
もしこれから買い手を探すならば、不動産屋さんに相談することが一番の近道となるでしょう。
それらの手続きが煩雑と感じる場合には、前者の場合は司法書士、後者なら不動産会社に一任すればすべてやってくれます。
さて、「自分の不動産であれば自由自在に売却可能か」といえば決してそうではありません。
そこに抵当などが組み込まれていた場合などには、勝手に売ってはいけないのです。
特に返済が滞っていたりしたときには、抵当権者に権限は委ねられます。
ですが、どうしても手放さなくてはならない状況になった場合は、任意売却という方法があります。

元本割れしている不動産を売却しても、それで債務完済を望めなければ抵当権者(債権者)は承知してくれないでしょう。
しかし、その足りない差額分をあらかじめ返済するか、もしくは分割で払うということを納得してくれれば売却も可能となります。
このように抵当権者と合意することで不動産の売却を進めることを任意売却といいます。
ただし、あくまで抵当権者との合意が大前提であることは忘れてはいけません。
その合意を取り付けることは個人ではなかなか困難ですので、それをおこなう専門サービスの業者さんに依頼すればことはスムーズに運びます。
業者さんは法律に基づいて債務者に代わって交渉してくれますし、その後の手続きなどもおこなってくれます。