選ぶ

パソコンを見る男子

不景気な現代、リストラに遭ったり、倒産したり、離婚されたり、生活費が不足してきたりなどで月々の住宅ローンが支払えなくなることがあります。
住宅ローンが支払えなくなったときにローンの借入先である金融機関に相談することはもちろんのことですが、支払いが難しくなると売却先を探すことになります。
そうしないで不払いを続けてしまいますと、担保権の実行という形で、金融機関は債権者として裁判所に競売の申し立てをし、不動産に差し押さえをかけてきます。
差し押さえから逃れるために、事件屋のような人たちに競売落札の妨害めいたことを依頼する人たちもいますが、これはしてはならないことです。
やはり、競売を避けようというときには専門サービスに問い合わせるなり、法律に適うやり方を模索するべきです。

実際には差し押さえで売り出す場合の裁判所の売り出し価格は驚くほど低い価格になりますので、債権者の方々にとっても、あまりいい話ではないのです。
そのため、任意売却を進めて、より高い値段での購入者を募ることはお互いにとってメリットのあることなのです。
購買力のある専門業者であれば、ニーズを求めて買い手を探してきて、うまく売買契約成立となれば、自社にも高額の手数料が報酬として入りますので、利益があがるわけです。
その際、担保権抹消にかかる交渉は不動産業者がやってくれますので、助かります。
このように専門サービスの方であれば、法律のルールに則った手続きを的確にしてくれますので、売る側から見てとても安心できます。