売却後

コールセンターの女子

住宅ローンの支払が厳しくなり、住宅を手放さないといけなくなった時は任意売却という方法を用いることでリスクを最小限にすることが可能です。
というのも、普通はローンを支払うことができなくなれば、住宅は債権者の手によって二束三文にしかならない競売にかけられる流れが多いです。
この競売では市場価格ではないところで値をつけられてしまうことから、ローンの返済で資金が必要であったとしても返済に回りません。
しかし、任意売却であれば市場価格の基準で住宅の売却を依頼することができるので、資産の整理をつけやすくなるのです。
ただし、この任意売却は受託ローン滞納からある程度の時間が経過すると、手を打つことができなくなります。
そうしたことを考慮して、本当に必要な時は早い段階で判断をして専門家に相談するようにしておきましょう。

マイホームである我が家を売ることは、住まいを失ってしまうことになるでしょう。
これは自分一人の問題ではなく、一緒に暮らしている家族も行き場を失ってしまうことになるので大きな問題です。
しかし、任意売却という方法を選ぶことで、今住んでいる家を手放してしまうことにはなりますが住居空間だけは確保できる可能性はあります。
これは売主との交渉などが必要になりますが、一定期間や賃貸という形で住居スペースをそのまま使えるように契約することができるからです。
こうした細々した希望や取り決めも、事前に相談して進めておけば生活スペースを失わずに済む方法が見つかります。